感謝

 東日本大震災が起きてから、10日が経過しました

 自分が生活している地域でも、余震が続いていて
 安心できる状況ではありませんが、以前よりは
 落ち着きつつある状況です。

 今でも物音がすると、あの時の状況が頭の中で
 フラッシュバックして体がこわばる感じがしますが、
 そんな恐怖感を感じるのも生きている証拠。
 
 この経験をどう活かしていくかということを、
 考えていきたいと思っています。

 地震があった後、多くの友人からメールや電話で
 連絡を頂きました。この時ほど人とのつながりを
 ありがたく感じたことはありません。
 涙が出ました。本当に感謝です。

 また、震災があった日に仙台に住んでいる友人へ
 連絡をしました。その後しばらく連絡が取れず
 心配していましたが、先週の半ばに無事でいる
 との連絡を貰い、安心しました。
 
 今日は一日中上空から航空機の音が聞こえてきます。
 サイレンの音もひっきりなしに聞こえてきます。
 多くの人達がこの危機への対応に力を尽くして
 下さっています。感謝しかありません。



 被災地の方々のご冥福をお祈りします。
 避難所にいる方々の心労は計り知れないものがあるのだと
 思います。
 また、今現在まだ救出されていない方々が一刻も
 早く救出されること、そして避難所ですごされている
 方々が安心して生活出来るようになることを
 願っています。
 
 自分が住んでいる地域でも、被災者の方々の受け入れを
 行いました。今、自分にも出来ることをするために、
 ボランティアの登録をしてきました。
 復興への道程はまだまだこれから長い時間が必要だと
 思いますが、自分たちが思っている以上に人間の
 力は大きなものです。お互いを支えあいながら
 立ち直っていきましょう。

 PMA
by car_pe_di_em | 2011-03-20 23:28


<< Stay hungry,Sta... みんなのいのちの授業 >>