Stay hungry,Stay foolish

 自分が始めて触ったマイクロコンピューターはAppleⅡでした。
 中学生の頃だったと記憶しています。

 その後も、友達がAppleのコンピューターを学校に持ち込んだりしていたこともあり、
 Appleに触る機会は多く、当時はまだモノクロのディスプレイであったにも関わらず、
 その美しいフォント、グラフィックにとてもワクワクしていたことを憶えています。
 大学時代には98ノートを使ったこともありましたが、正直あまり魅力を感じませんでした。

 社会人になって数年経った時、自分のパソコンが欲しくなり、ちょうどWindoows95が
 発売された夜勤明けの朝、秋葉原中がWINDOWS95で大騒ぎの中、Performaの5210を
 購入し、その後も4台ほどMACを使い続けていました。

 今はDELLのPCをメインで使っていますが、ipodなどappleの製品は常に何かしら使って
 いますし、Appleの製品はいつも僕をワクワクさせ続けてくれています。


 今から6年ほど前でしょうか。
 大前研一氏のメルマガで、ジョブズ氏のスタンフォード大学でのスピーチが紹介されており、
 その内容に深い感銘を受けました。
 このスピーチの映像は今でもひと月に1回は見ていると思います。

 当時、自分の仕事や人生などについて色々な迷いが生じていた時期でした。

 自分の中ではある程度目指すところはあったものの、日々行っていることに
 あまり意味があるとは思えず、何かとても無駄な時間を過ごして
 しまっているのではないか?という大きな不安にかられていました。

 でも、このジョブズ氏のスピーチを知ることによって、自分を信じてみようと
 いう大きな勇気と希望を持つことが出来ました。

 ジョブズ氏が語っていたConnecting the dotsという言葉、当時実感としては
 全くありませんでしたが、6年が経過した今、自分がその時その時に必要であると
 感じ行っていたことが、最近色々なところで繋がり始めていています。
 
 日々の生活の中で感じたことや行っていることが、将来どのような意味を
 持つのかは誰にも分かりません。でも後から振り返ってみると何一つ無駄なこと
 など無いのだと、(何となくではありますが)分かり始めています。



 学生のころ、内村鑑三氏の「後世への最大遺物」という本を読んだことがあります。
 当時購入した本はどこかへいってしまいましたが、4年ほど前に改めて読み直したいと
 思い再度購入しました。

 最大遺物とは何であるか?

 それは財産でもなく、物質でもないのだと思います。

 内村鑑三氏は、「それは何であるかならば勇ましい高尚なる生涯である」と
 言っています。

 

 何か問題にぶつかった時、あぁ・・・あの人だったらきっとこう行動するんだろうな。
 岐路に立たされた時、あの人だったら間違いなくこちらの道を選択するんだろうな・・・。


 物質として残されたものは、いずれ朽ち果ててしまうと思います。
 でもそこに形としては残っていなくても、その人の強い信念や理念、姿勢などといった
 モノは経時変化を受けること無く、その鮮度保ちつつ受け止めた人の想像力によって
 少しづつ増幅しながら、後世へと引き継がれ、語り継がれていくのではないでしょうか。

 ジョブズ氏が僕たちに遺してくれたものは、とてつもなく大きなモノなのだと
 思います。

 自分の人生はあとどれだけ残されているかは分かりません。
 でも人生の中で、中途半端にではなく何か一つのことでも成し遂げたいと
 強く思った一日でした。

 Rest In Peace
 
 
# by Car_pe_Di_em | 2011-10-06 23:28

感謝

 東日本大震災が起きてから、10日が経過しました

 自分が生活している地域でも、余震が続いていて
 安心できる状況ではありませんが、以前よりは
 落ち着きつつある状況です。

 今でも物音がすると、あの時の状況が頭の中で
 フラッシュバックして体がこわばる感じがしますが、
 そんな恐怖感を感じるのも生きている証拠。
 
 この経験をどう活かしていくかということを、
 考えていきたいと思っています。

 地震があった後、多くの友人からメールや電話で
 連絡を頂きました。この時ほど人とのつながりを
 ありがたく感じたことはありません。
 涙が出ました。本当に感謝です。

 また、震災があった日に仙台に住んでいる友人へ
 連絡をしました。その後しばらく連絡が取れず
 心配していましたが、先週の半ばに無事でいる
 との連絡を貰い、安心しました。
 
 今日は一日中上空から航空機の音が聞こえてきます。
 サイレンの音もひっきりなしに聞こえてきます。
 多くの人達がこの危機への対応に力を尽くして
 下さっています。感謝しかありません。



 被災地の方々のご冥福をお祈りします。
 避難所にいる方々の心労は計り知れないものがあるのだと
 思います。
 また、今現在まだ救出されていない方々が一刻も
 早く救出されること、そして避難所ですごされている
 方々が安心して生活出来るようになることを
 願っています。
 
 自分が住んでいる地域でも、被災者の方々の受け入れを
 行いました。今、自分にも出来ることをするために、
 ボランティアの登録をしてきました。
 復興への道程はまだまだこれから長い時間が必要だと
 思いますが、自分たちが思っている以上に人間の
 力は大きなものです。お互いを支えあいながら
 立ち直っていきましょう。

 PMA
# by car_pe_di_em | 2011-03-20 23:28

みんなのいのちの授業

僕のとても大切な仲間でもある DIGNITY WAVEの代表高島さやかさんが、
来週末に千葉と埼玉でイベントを行います。

ご夫婦、ご家族、お子様を連れて、そしてもちろん一人でも。
夏真っ盛り、そしてお盆を目の前に控えたこの時期に生きることの
大切さについて考えてみませんか?

More
# by car_pe_di_em | 2010-07-20 20:20

思考の整理学

 このところ、時間を見つけて部屋の片付けに精を出しています。


 結構捨てることが苦手で、いつか必要になるだろうと思って
 残しておいた古い雑誌、本などが本棚を陣取っていました。

 でもこのままだと新しいモノを取り入れる余裕がなくなって
 しまいそうなので、今回は本当に必要なもの以外は思い切って
 処分しています
 
 そんな作業の中、そのうち読もうと思いつつも長い間、本棚に
 眠っていた本が出て来たので読んでみました。

 そして、後悔しました。

 読んだことにではなくて、今まで読まなかったことに・・・。

More
# by car_pe_di_em | 2010-06-08 22:20

人と人の「つながり」に投資する企業


人と人の「つながり」に投資する企業―ソーシャル・キャピタルが信頼を育む (Harvard Business School Press)

ドン コーエン / ダイヤモンド社




~商品説明~
 輝ける企業は、信頼関係や社交ネットワーク、コミュニティを育みながら、
 豊かで高度な企業活動を営んでいる。
 ソーシャル・キャピタル(社会関係資本)とは、信頼関係、社交ネットワークや
 コミュニティなど、人と人の「つながり」を指す。UPS、HP、ゼロックス、3Mなど、
 豊かなソーシャル・キャピタルを備える企業事例を紹介しながら、企業における
 ソーシャル・キャピタルの重要性を明らかにし、企業活動の中核にあるものの存在を解き明かす。



 企業でも地域社会でも、それを作っていくのは「人」であり、
 人と人の繋がりによって組織が形成されているものだと思います。
 
 しかし、効率を追求していくことによって見えざる資本の役割と
 いうものが、、排除され、大切なものが失われて来ている
 ケースも多いのではないでしょうか


 この本を読んで、改めて人と人が繋がることの出来る場を
 作っていきたいと思いました。
# by car_pe_di_em | 2010-05-10 22:46